高齢者肺炎球菌ワクチンについて

※予約が必要です

定期接種の対象について

成人用肺炎球菌ワクチンは、65歳以上の方には、平成26年10月から平成30年度までの間に、1人1回、定期接種の対象となる機会があります。
対象となる年度のみ、公費助成が受けられます。
たとえば、以下のようになります。

今年度(平成30年)対象者

今年度65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の誕生日を迎えられる方

平成31年〜の対象者

その年に65歳を迎えられる方(ただし接種日当日満65歳である)

詳細は こちらのホームページもご覧ください。

自己負担金

2,000円(ただし生活保護受給者は無料)

肺炎を起こすしくみ

風邪をひく、インフルエンザにかかる、
年をとって体力が衰える、糖尿病・呼吸器や心臓に持病があるなど

からだの抵抗力が弱まった状態になり、
細菌などに感染しやすくなる、細菌が肺に入り込む、肺炎を起こすことになります。

インフルエンザも、肺炎を起こすきっかけになることがあります。

インフルエンザをきっかけに感染に対する抵抗力が弱まり、そこに細菌感染を起こすことで、肺炎にかかることがあります。
そこで、インフルエンザワクチンでインフルエンザを予防することも、肺炎予防につながります。

予防接種
高齢者肺炎球菌ワクチン
子どもの肺炎球菌ワクチン

ページの先頭へ